自己破産後の生活が心配な人は司法書士へ相談を

自己破産ではその申立ての申請を行い、その申請が裁判所によって許可されることによって借金が免責されることになります。そのため、この自己破産という制度は多大な借金を背負ってしまった人にとって、そのような状況から抜け出すための救いの手となるのですが、借金が帳消しになる代償としてある程度の制約を受けることになります。

特に破産後の一定の期間はいわゆるブラックリストに載った状態になるため、新規での借入はできなくなります。また、自己破産の相手となった債権者からは永久貸出禁止先として登録されることになるので、今後はその金融機関や貸金業者からは借入ができなくなってしまいます。

ただし、破産によるメリットはとても大きいので借金に苦しんでいる人はまず、司法書士に相談をするようにしましょう。

任意整理と自己破産どちらを選ぶべきか

自己破産はもっとリスクや、デメリットが多い方法です、自分名義の車も、マイホームも差し押さえられるので手放さなくてはなりません。また、官報に氏名が掲載されます。財産はすべてなくなる覚悟が必要です。本人は借金がすべて免除になりますが、保証人がいるとすれば、借金はすべて保証人に行く事になります。

もし、保証人に知らせることなく、自己破産を申請して受理されれば、突然、保証人の所に取り立てが来ることになるのです。まずは、裁判所が介入せず、リスクやデメリットが最も少ない、任意整理という方法を考えてみるのが賢明です。

自己破産をする前に任意整理をしましょう

多くの借金で困っている方は、弁護士に借金相談をしてください。借金相談をすると一緒に債務整理をしてくれます。債務整理を行うことで、借金の減額はもちろん、返済の目途を立てられるようになります。返済の目途をどうしても立てられない場合は、自己破産することも可能です。

破産宣告をしてしまうと、私生活に一定のペナルティーを与えられてしまうので、出来るだけ過払い請求や任意整理で借金問題を解決することが出来るように工夫をしています。任意整理は裁判所を通さずに交渉をするので、私生活に影響を与えることがないので、借金で困っている方はすぐに弁護士を利用し債務整理を行ってください。

自己破産を検討している方は弁護士に相談をしてください

多くの借金があり、どうしたら良いのか困っている方はとても多く居ます。そんな方は弁護士に借金の相談を行ってください。借金相談を行うことで、一緒に任意整理をすることが出来ます。

任意整理をすることで、借金を減らすことが出来たり、返済の期限を延ばすことができ、借金を完済する目途を立てていくことが出来ます。任意整理をおこなっても借金を返す見込みが立てられない場合、自己破産が可能です。破産宣告をすると、借金を全額なかったことにすることが可能で、人生をやり直せるのです。ローンを組むことが出来ないなどの制限を受けることになりますが、破産宣告後の財産は自分の物にすることが出来ます。

過払い請求、債務整理なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

自己破産関連

弁護士による過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありません。責任は負いかねます。大阪、神戸には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。

過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。