自己破産の申請は司法書士に相談できるか

債務の取りたては、司法書士に依頼をしても即日に止まります。自己破産の申請をしたいときは、司法書士は書類作成のエキスパートですので、不備などがない申請書類を作成してくれますが、残念ながら代理人にはなれませんので、本人に代わって裁判所に提出することはできません。

本人申し立ての手続きになります。弁護士と比べて司法書士に依頼をする大きなメリットは、費用が15万円から30万円が相場で安いことです。弁護士に依頼すると20万円から50万円かかりますし、他の弁護案件を抱えることもありますので多忙な場合もあります。

自己破産や多重債務では本当に信頼できる人物に相談をする

自己破産や多重債務等の大きな問題は、本当に信頼できる人物に相談をして下さい。初めは小さな金額に思えても、軽い気持ちで相談をした会社が悪質な犯罪会社だった場合には、借金返済の方法やローンの支払い計画どころか、逆に借金を雪だるま状に増やされてさらにお金を騙し取られる事件も多く報告されています。

社会の闇に包まれている部分ではニュースになっていない事件がたくさんあります。このような事件に巻き込まれないために、日頃からお金の使い方には余裕を持って考え、信頼できるお店や企業で買い物をして下さい。そして万が一トラブルに巻き込まれた時は慌てずに、信頼できる家族や友人または警察か弁護士に相談をして下さい。

自己破産で解決する多重債務

自己破産というのは、多重債務を抱え返済ができなくなった人が人生の再スタート切るために国が定めた救済方法のことです。一定の財産を手放すことになりますが、裁判所に破産を申し立てることによって借金を免除にしてもらえます。

他の債務整理方法と違い、支払いを続ける必要がなくなるため、収入がなかったり返済の計画が立てられない人でも利用できるのが特徴です。また、99万円以下の現金と生活必需品は手もとに残すことができます。自己破産は自分ですることも可能ですが、専門的なことが何も分からないという場合は弁護士に依頼するのが無難です。

自己破産と多重債務とデメリット

多重債務者の人にとって今抱えている借金が0円にすることができる自己破産は最終手段ともいえる手段です。しかし借金がいくらあっても0円にできるという最大のメリットを持っている分、それ相応のデメリットも持っています。

それが一体どのようなことなのかと言いますと、まず20万円以上の貯蓄は認められていないのでそれ以上の貯蓄がある人は差し押さえになります。またそれ相応の持ち物もNGになりますので、持ち家を持っている人は差し押さえになりますし、自動車も種類によっては没収されてしまうことになります。つまり家族に内緒にしておくのが難しくなるということになります。

過払い請求、債務整理なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

自己破産関連

弁護士による過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありません。責任は負いかねます。大阪、神戸には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。

過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。