有無を知りたい過払い金

実際に発生している過払い金に対して、取り戻す人というのはそれほど多い数ではない様です。

それには複数の原因が考えられますが、その一つに自分がしている借金の中に過払い金が含まれているのかどうかという事が分かりにくいという事も考えられます。

それを正確に知るためには自分で簡単に計算できるという分けではない様です。

過払い金の有無を知るには司法書士や弁護士に相談すると明確になるでしょう。

実際に取り戻すお金が発生していなければ相談費用は無料としている司法書士や弁護士もいる様ですが、利子の中のさらに一部のお金となると、そこまでして取り戻すのは面倒だとあきらめてしまう人もいるようです。

しかし、自分の借金の中に過払い金がどれほど含まれているかは一度調べてみてもいいかもしれませんね。高額であれば過払い請求も考えてみましょう。

過払い請求を依頼する弁護士 の選び方

過払い請求は貸金業者にするものです。個人が貸金業者と交渉するのは困難です。弁護士に相談する事になります。依頼を誰にしても同じというわけではないのです。それぞれの業者に得意分野があります。

例を挙げると、交通事故の問題を多く解決した経験から、保険会社の内情を把握していて示談交渉に強いとか、遺産問題の経験が豊富で手際が良いとか、この場合は借金問題の解決経験が豊富で交渉力のある弁護士が必要です。過払いの請求を取引中に行うのならば任意整理となります。業者との同意がなければ任意整理は成立しません。自己破産になって何も返らないよりもましであることを納得させる事が必要になります。

多重債務者が過払い請求をおこなうためにはどうしたらいいか

複数の貸金業者から借金をしている方のことを、多重債務者といいます。借金が増え続けると、金利の返済も難しくなってしまいます。借金の返済によって日常生活に支障をきたしてしまう場合は、弁護士に相談をして、今後の方向性を考えましょう。

多重債務者になれば過払い請求ができるという誤解があるのですが、実はそうではありません。請求は返済し終えた借金しか対象にならないので、債務整理にはあたらないのです。相談相手は弁護士と司法書士から選ぶことが可能です。契約書や明細書などがなくても問い合わせできるので、気軽に相談してみましょう。

弁護士を利用し過払い請求をしましょう

多くの借金で困っている方は弁護を利用し、借金相談をしてください。借金相談を行うことで、債務整理をしてくれます。債務整理の中でも過払い請求は借金の大幅な削減を期待できます。

この請求では、払いすぎている利息を過去に遡り、利息制限法に基づいて返してもらう請求で、長年借金問題を抱えている方は、多くの利息が返ってきます。過払い請求は、借り手と借主側が裁判所を介さずに交渉をする為、提出書類などを用意せずに交渉をするので、気軽に行うことが出来ます。借金が全て無くなったケースも多く、早めに相談をすることで、弁護士も対応がしやすくなります。

過払い請求、債務整理なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

過払い請求関連

弁護士による過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありません。責任は負いかねます。大阪、神戸には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。

過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。